新入社員、若手社員に必要な社員研修

社会人として基本的なことを学ぶ社員研修

新入社員や若手社員は、まずは社会人として基本的なことを学ぶことが大切です。具体的には、社会人としての服装や挨拶の方法、名刺の渡し方などのビジネスマナーや、仕事を進める上での報連相の重要性などのビジネススキルを学ぶ研修が考えられます。ビジネスマナーをしっかりと学ばないまま現場に出てしまうと、取引先で取引相手に失礼なことをしてしまう可能性があります。それが原因で大切な取引がなくなってしまうこともあり得ます。また、ビジネススキルは早く仕事を覚えてもらい、業務を円滑に進めるために必要なことです。ビジネスマナーもビジネススキルも早いうちにしっかりと叩き込むことで、後々トラブルになることを避けることができます。

業務内容の基本的なことを学ぶ社員研修

自分達の職場がどのような業務をしているのか大まかな流れを知っておくことは、とても大切なことです。自分の担当する業務内容は流れの中の一つかもしれませんが、全体像が見えていないと適切な対応をすることが難しいからです。業務内容を知ることの他に、職場のことを良く知ることは新入社員や若手社員にとって重要なことです。具体的には社長の名前や会社の理念、方針なども知っておくことが求められます。社長の名前や経歴を知らないという新入社員や若手社員は意外と多いです。自分が働く組織のトップを知っておくことはとても大切なことです。また、どんなに良い仕事をしても会社の理念や方針と外れていれば評価されません。会社の理念や方針を知ることが自分の仕事の方針を決めるためにも大切なことになります。