外部委託する際の研修会社の選び方

様々なタイプの研修に対応している会社を探そう

社員研修を外部委託する際には、座学だけでなく、ケーススタディやプレゼンテーション、ディスカッションなど様々なタイプの研修に対応している会社を選ぶことが大切です。また、新人や中途採用者、管理職などに適した研修を実施するうえで、各地で実績のある研修会社の取り組みをじっくりと比較する必要があります。大手の研修会社の中には、研修のテーマの決定からプログラムの作成まで幅広くサポートをしてくれるところも少なくありません。そこで、社員の教育コストに余裕がある場合には、サポートの良し悪しにこだわって会社選びをすると良いでしょう。

なお、研修の計画を立てるにあたり、実際に研修会社を利用しているライバル企業の事例をしっかりと確認しておくことが大事です。

経験豊富な講師を派遣してくれる研修会社がおすすめ

社員研修の外部委託の取り組みは、大手企業や官公庁などを中心に普及しており、最近ではノウハウのある研修会社に対するニーズが高まっています。特に、初めて外部委託をする際には、なるべく経験豊富な講師を派遣してくれる研修会社を選ぶことで、テーマに適した研修をスムーズに進めることが可能です。大手の研修会社の中には、在籍中の講師の専門分野や研修の講師の経歴などを人事担当者に公開しているところもたくさんあります。
そこで、業務の合間を縫って短期間で信頼のおける研修会社を見極めたい場合には、様々な業界の企業とつながりのあるところや、見積もりや無料相談などのサービスが充実しているところを探してみると良いでしょう。