年代別の目的や効果的な内容

会社には様々な年代の社員が在籍していて、それぞれに役割があり、必要なスキルが異なります。社員に対して適切な社員研修を行い、必要なスキルを身につけさせることで、会社の売上や業績を伸ばすことにも繋がります。それでは、年代別の目的や効果的な内容を見ていきましょう。

新入社員、若手社員に必要な社員研修

新入社員や若手社員は、まずは社会人として基本的なことを学ぶことが大切です。具体的には、社会人としての服装や挨拶の方法、名刺の渡し方などのビジネスマナーや、仕事を進める上での報連相の重要性などのビジ…

Read more »

中堅社員に必要な社員研修

中堅社員の場合、会社の概要や職務内容についての知識はかなり身に付いています。今後幹部社員にステップアップして管理職を目指してもらうか、専門知識を生かした職人的な役割を担ってもらうかを決めていく時期…

Read more »

管理職に必要な社員研修

管理職に必要な知識の筆頭は労働基準法の知識です。近年働き方改革が叫ばれ、長時間労働が厳しく規制されています。労働基準監督署の監査も定期的に行われ、その監査内容も労働時間・残業時間について監査がされ…

Read more »

カーディーラーの社員研修は指定された場所で行われます

カーディーラーの整備士の社員研修は研修所で行われて、色んな車の故障への対策が教えられています。整備士同士で培ってきた腕を競い合う場所でもあります。

社員研修の企画について

社内企画で行う社員研修のメリット・デメリット

Read more »

外部委託で行う社員研修のメリット・デメリット

Read more »

外部委託する際の研修会社の選び方

Read more »